[おとな、暮らし、ときどきプレミアム オセラ]にて、うずの丘大鳴門橋記念館が紹介されました。

[おとな、暮らし、ときどきプレミアム オセラ]にて、うずの丘大鳴門橋記念館が紹介されました。

タマネギとミカン、淡路島産の素材を生かして

 道の駅からクルマで約五分の『うずの丘 大鳴門橋記念館』もぜひ訪れて。タマネギ型の巨大なオブジェやUFOキャッチャーならぬ「たまねぎキャッチャー」などが置かれ、エンターテインメント性も抜群。ついで、ではなく目的地となる両施設だ。

■おっ玉葱(たまねぎ)
「うずの丘大鳴門橋記念館」にある。高さ2.8m、直径2.5mの巨大オブジェ。
大鳴門大橋や瀬戸内海を望める絶好のスポット。

■うずしお科学館
巨大な水理模型と迫力のある映像で、うず潮のしくみを学べ る『うずしお科学館』(『うずの丘 大鳴門橋記念館』内)。

■あわじ島うにクリームコロッケバーガー
『うずの丘大鳴門橋記念館』でしか食べられない「あわじ島うにクリームコロッケバーガー」1,080円(上)と「全国ご当地バーガーグランプリ」で1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」648円(下)。

■ショップ
店内には商品のこだわりが書かれたポップが多数貼られており、眺めているだけでも、淡路島の食の多彩さを感じられる。

■淡路島玉ねぎまるごとカレー
「淡路島玉ねぎまるごとカレー」648円は、スパイスもしっかり入った逸品。

■島ビスケ
希少な「淡路島なるとオレンジ」のほろ苦さを愉しめるビスケット「島ビスケ」648円。

編集スタッフの皆様へ
この度は素敵な雑誌でご紹介いただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!